新築の名前の検討

今年の重大目標である新築の準備ですが、新築物件の名前を考えることにしました。



長女のアイデアです。


・ The grand mansion tower(地域名)
       ザ グランド マンション タワー (地域名)


 ちなみにタイに同じ名称のホテルの建物があるようです。


小生の考えでは、まず地域名は入れる。
過去使った物件の文字を入れる。


これによりシリーズ感を出すことができます。
しかしシリーズ感を出す意味については、居住者側(お金を出す側)にとっては、地域が違えば意味がありません。

仮に数十棟を超える所有があれば別ですが。


やはりポイントは
・地域名を出す
 場所がわかりやすい。


・アパートで使われすぎた言葉は使わない。
 古い感じがします。


だと思います。


思いついたのが、明治・大正時代のアパート名を使うのはどうか
名称は時代ごとで連鎖しており、古い名前も最近の人には新しいと思ってもらえます。


できればカタカナにすると新しい感じがします。


例では、
・駒場寮


寄宿舎


吉田寮


・竹平住宅


・大泉寮


・茶臼山寮


上野倶楽部



寮が多いですね。うーんという感じであまりよくない。


使うとすれば、「リョウ」としてカタカナですかね。


例えば

セントラルリョウ


メゾンリョウ


最近の名称を検索して調べてみました。


最近の大手メーカーで建設する方は、アパート名を付けない建物が2割程度いるようです。


無精で付けていないと思われますが、無くてもすっきりするのではとも思いますが、名称はあった方が良いと感じました。
簡単な名前が良いのではと思います。


検索サイトで例を探しました。


メゾン ボンヌシャンス


ルーナノワ


グランシャリオ


ミエル ブラン


ソシア


アイパレット


エミール


レガーロ


ルーチェ

見ていて思うのが、どれもこだわっているのですが、何の語源がわからない、
意味不明なものばかりです。


短い方名前が良いと感じます。


4文字程度、長くても5文字程度だと思います。


後日仮決めしたいと思います。


おしまい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする