雨漏りの修理と卓越した職人

2か月前の大雨で自宅が雨漏りしましたが、その修理を業者の方に頼んで
修理していただきました。

どういう状態だったのか

突然の大雨時に雨漏りが起きました。

雨漏の要因は2Fの出窓であることがわかっていました。

その個所にコーキングを打つだけなのですが、高所であるため手が出せませんでした。

写真でいうと、下記の赤丸部分でした。

梯子は持っているのですが、樋にどう梯子を掛けるのかわからなかったのと、

ベランダから歩くにしても、屋根の斜度が60度なので、歩けないので業者にお願いしました。

修理の予想とすれば、足場を組むか、高所作業車を用意すると思っており、10万円単位の
修繕費を覚悟していました。

もし腕の良い職人ならば、大掛かりな足場を設置せずに修理出る、良い道具や、体を
固定させる道具を持っているのでは?と期待していました。

どうやって職人を探したのか

まず最初に「暮らしのマーケット」で探しました。

大きな工事ではないので、腕の良い一人で、個人事業主がちょうどよい仕事量です。

しかし地元で登録している職人はいませんでした。

しかたないので、イエローページで探しました。

そうしたところ、「有限会社」で屋根専門で、工具をたくさん持ってそうな
工務店を探しました。

会社名は、「有限会社〇〇瓦●●」

〇〇は地域の名前

●●は市の名前

「地元密着型で、規模の大きくない、屋根専門」で、

ピッタリな会社を見つけました。

住所をグーグルで調べで事務所の写真を見ると、下記の様子でした。

工具をたくさん揃えてそうです。

特に梯子系をたくさん揃えてそうです。

それに看板の一番上には「屋根工事」と書いており、一番上に書くのだから
自信があるのでしょう。

それに無駄にリフォーム営業しそうなこぎれいな事務所も無いようです。

(リフォーム営業の相談できるところは、口は動きますが、手は動きません。)

まさに小生が探していたピッタリの感じです。

早速電話すると、たまたま近所に行く用事があるので、その際に来ていただくことに
なりました。

どうやって修理したのか

早速来ていただいて現場を見ていただきました。

電話で小生は、すぐには対応できないとお伝えしていました。

しかし現場を見て話を聞くと、

梯子で登って、すぐに雨漏りを止めることができる

と言われました。

驚いたのですが、すぐに了承して、工事をお願いしました。

どうやって登るのか?

屋根をどうやって歩くのか?

体を固定するのか?

と思いましたが、梯子でそのまま登って、普通に屋根を歩いていました。

下記がその時の写真です。

これにはとても驚かされました。

その人は何にも道具を使わずに、忍者のように60度の屋根を歩いていました。

また体は何も固定せずにいました。

道具のコツは多分、靴にあると思いました。

小学校の上履きのように、靴底が薄い、とび職の方が使う靴を履かれていました。

小生には危険なので真似できませんが、屋根を歩く時はこの靴は用意した方が良いと
感じました。

そして料金を聞くとなんと、激安でした。

8、000円だそうです。

確かに30分程度でコーキングを2本打っただけなのですが、もっと請求しても良いと
感じました。

移動時間も考えると、2時間は使っていますし、技術料もありますし。

とても良心的な職人さんだったので、ほかの仕事も数件お願いしました。

一つ目は、自宅の樋の交換工事と、

二つ目はアパートの樋の交換工事です。

この分野の職人は「あっち系」の方が多く、過去に痛い目にあった経験があったので
良い職人さんに出会えたことにうれしさを感じています。

やはり職人探しは、

小さい工事を発注して、実力や対応力を調べて付き合う
のが最良の方法のようです。

仮に小さい工事で、失敗やぼったくりにあったとしても、規模が小さいので取り返し
がつきます。

以後、屋根や外壁関係はこの方にお願いしてみようと思います。

補足ですが、経年劣化のため火災保険は使っていません。

おしまい。