ハニーズで優待券利用と色彩使い方2

ハニーズで優待券利用と色彩使い方2として
店舗の色彩について書きたいと思います。

室内配色は、不動産では必ず必要で、部屋の色のアレンジを考えるときなどに使います。
小生は基本的に色使いが上手な店舗などを真似しています。

たぶんハニーズあたりがトップレベルだと思います。

上の写真でわかることは、
店内を全体的に落ち着かせた雰囲気の色彩にしています。

・ハニーズの名前が目立っていない。表の看板は誘目性が高い配色でしたが、
店内ではそれは必要ありません。
落ち着かせるために、暗い色でまとめています。

・色彩を壁紙の白系と、木色系の2色でまとめている。
落ち着いています。

・ダウンライトを使って、間接照明を使っています。

・ライトの色は木の部分が演色系(黄色)でした。
温かみを出しています。

この配色は最近のユニットバスでの配色に似ていると思います。

たぶん、色彩の知識が無い人には何のことだかわからないと思いますが、
色彩検定を受講すると、興味がわき、わかるようになります。

外壁の色や、内装の色、地域の雰囲気との融合などへの応用も考えられます。
知っていると知らないでは大きな差が出ます。

是非お勧めなので興味があれば、調べてみてください。

色彩検定3級が難易度、知識量ともお勧めです。
ちなみに小生は2級を取得しています。

比較的簡単といわれており、運転免許試験より少し難しい程度と言われています。
​​
以上

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする