近鉄エキスプレス株のクオカードが届きました

一口所有している近鉄エキスプレス株の優待商品クオカードが届きました。

クオーカード2,000円分です。

2年前取得した1株を使い、今回クロスで優待ただどりを行いました。

一株購入とは(将来に種をまく)

一株購入とは、その名の通り、一株だけ取得する方法です。

通常株式の最低購入単位は単元株の100株ですが、一株だけを買っています。

それを行う理由は下記です。

1.一株だけ株を買い、長期期間保有し長期割増優待権利を取得するため。

2. そして2年待ち、長期優待権利が発生したら、その後に単元株(100株)をクロスで
優待取得する、というものです。

優待株式投資では、これが一番資金効率よい投資法だと感じています。

今回2年前に購入した近鉄エキスプレスが晴れて長期優待権利が発生し、クロス取引で試してみました。

結果は

上手く取得できたようです。

同時に届いた有価証券報告書です。

しかし、、、

送られてきた有価証券報告書に、悲しいお知らせがありました。

次回の決算から株主優待が廃止されるとのことでした。

背景は、コロナでの経営不況と、東証が行った株主数の規制の撤廃が考えられます。

とても残念でしたが、今回のクオカード2,000円は最初で最後のクオカードとなりました。

最終結果を書いておきます。

購入額 1株 -1,933円

クオカード  2,000円

クロス手数料  -300円(概算)

売却額    2,300円          

合計     +2,067円

金銭的には負けてはいませんが、時間を考えると何をしたのか分からない
結果となりました。

一株優待投資は、株式会社の「おまけ」に位置しますので、しょうがありません。

しかしこれにくじけず、一株優待は続けていきたいと思います。

おしまい。