何度もはがれる、納戸の壁紙補修

何度張り付けても剝がれてしまう、納戸の壁紙の補修を行いました。

(響きが良いです)

btr

なんてことのないDIY作業のようですが、この納戸の壁紙は何度もはがれて、その理由がわからないものです。

この壁紙は当初DIYで施工しました。

作業前の状態

蛍光灯の隅からはがれています。

はがれる都度張り付けていたのですが、カレコレ3回は張り替えました。

その都度いろいろ試しましたがダメでした。

過去の経緯は下記で、

最初の施工:のり付き壁紙を張り付ける

二回目  :ホムセンの壁紙のりを張り付ける。

三回目  :建デポの壁紙のりを使い張り付ける。

下地に何かに問題があるのかと疑い、その道のプロたちに聞いてみました。
その回答は、
Aさん 境目をシリコンシーラントでコーキングした方が良い。
 抑えることによって剥がれにくくなる。
Bさん ブラゾールと言う接着剤がありますのでそれを塗って、クロスを張ってください。

Cさん クロス貼る前に水性シーラー(下地材料)を2~3回全面に塗って、乾いてからクロスを
貼って下さい。ジョイント部分は和紙テープを入れないと剥がれてきますよ。

というものでした。
やはり下地が悪いと疑っている人が多いようです。
試したのが、ブラゾールと言う下地材料を塗ってみました。

btr

送料込みで2,000円程度でした。

補修の状況

最初にプラゾールで下地処理を行いました。

その後、建デポで買った壁紙のりなどで、施工していきます。

btr

写真を見て気づいたのですが、「ヤヨイ化学」というのが、壁紙系で強い企業のようです。

この企業の商品は面白そうなので後日レポートします。

壁紙にのりを付けます。

btr

10分ぐらい時間を空けて張り付けます。

張り付けた後最後にコーキング材を張り付けておきました。

btr

今度は綺麗に張り付きました。

btr

多分今度は下地材料のおかけで、しっかりしてそうなので、大丈夫だと思います。

剥がれないことを祈ります。

おしまい。