空室リフォーム 開始から募集まで

今回入居した部屋のリフォームした箇所をまとめたいと思います。

空室のリフォームの開始したのは、3月6日から開始し、約一ヶ月で終了しています。

管理会社と話で入居開始デットラインは3月20日と設定しました。
それまでにリフォームを行う必要がありました。

大物の工事箇所

大物の工事個所はプロに任せています。

具体的には「壁紙」「畳取り換えフローディング化」「クッションフロアー」「洗面台」
です。

小生が行ったリフォーム箇所は、

・ドアホン

・トイレ便座

・スイッチプレート全替え

・換気扇

・キッチン水栓

・風呂水栓

・ペンキ塗り各種

・消防火事警報器

・蛍光灯のコンセントプラグ修正

・蛍光灯

・姿見鏡

・消臭剤などの満室セット

などなど沢山あります。
従い自動的に、大きなところはプロにお願いし、細かいところは小生が

受け持つ形です。

進捗

私のリフォームの開始は、まず車にリフォーム資材や工具を載せます。

まさに満載です。

横からですが、前に資材を載せています。

現場に着くと、既に内装屋さんが工事をされていました。

邪魔にならないところから、小生も手を付けます。

最初に風呂の古いツーハンドルの蛇口を交換です。

築30年で、一度も交換していないと思われる部材です。

交換前

1時間程度で出来ました。

新品は良いです。

蛇口は20年程度で寿命なので、築古物件を購入した場合は必ず交換が必要なアイテムです。

初日及び2日目の作業実績は、

・風呂の水栓交換・スイッチ類の交換

・網戸の整備・ペンキ塗り

・キッチンフードとキッチンの取っ手を塗り

・換気扇の交換

です。

プロの空室リフォームの終了

プロの空室リフォームですが2週間程度で、だいたい終わった時の状況です。
リフォーム前(退去時点(3/2)の写真)

リフォーム後の写真 3/14日時点

約12日間でだいぶ奇麗になりました。

今回は3月の入居繁忙期に間に合わせるため、スピード重視でリフォームを行いました。

キッチンでやった箇所は下記です。

個数で言うと
プロ   :3か所
ガス会社様:1か所
DIY 作業 :11か所

とDIYが圧倒的に多いのですが、プロにお願いした個数は少なくても時間と
技術が必要です。

分業の意味

プロのクロス屋は全部屋壁紙貼りが終わるまで丸3日程度で作業したと思われま
すが、小生がやると3倍はかかると思われます。

完成した頃は入居シーズンがとっくに終わっていたと思われます。
(そもそも会社の休みを取れません)

小生は設備取り付けの交換系で、小さな箇所が沢山という感じです。

設備系は仕入れが重要で、業者に頼むと見積やら、品選びの判断やらで効率が悪く、
値段も割高になるので、DIYの方が都合が良いです。

今回のリフォームの良かった点と反省点

今回のリフォームの「こうすればよかった点」と、「良かった点」です。
こうすればよかったこと

良かった点
1. ダイノックスと、フード塗装の内職化

キッチンの写真はスーモ広告で一番最初に目につくところで重要な写真になります。

現場では手間がかかることを自宅に持ち帰ると時間効率が上がりますので、
この威力は大きいです。

次からはデフォルト作業になるでしょう。

2. キッチンフードの塗装の色は黒が良い。

前と同じ色の白色を塗ったのですが、「汚れが目立たない」「塗りやすい(液だれしない)」
「締まった感じに見える」ことを考えると黒が良かったです。

3. キッチンパネルの焦げ目の後処理

前の居住者がコンロ付近を焦がした跡がありました。
目立つので、絵の具で塗りましたが、同じ色が再現できずに、逆に気になるように
なりました。

結局ステンレス製防熱板を貼る予定ですが、最初からすればよかったと思いました。
DIYの極意は「隠ぺい」で、臭いところには蓋をしましょう。

3. コンセントカバーの張替
*上級者の方は当たり前の話なので読み飛ばしてください。

築古空室リフォームを何部屋も行いましたが、今まででコンセントカバーの張り替えを
自力で行ってきました。

しかし今回初めて気が付いたのが、

クロス屋さんに新しいコンセントカバーを渡しておけば全部自動的に
全部取り替えてくれる。

ということです。

クロス業者の方に聞くと、クロス貼りの際にコンセントカバーを取り外すので、
新しいプレートを渡しておけば、新しいのを取り付けてくれるそうです。

コロンブスの卵並みの大発見で、次から行いたいと思います。
(上級者の方の「当たり前だろ」の意見は受け付けませんのであしからず)

4. 職人さん探しは暮らしのマーケットで探す
今回はスピード重視でしたので、知り合いの施行技師の方に頼みました。

しかしコスト面では疑問があり、直接クロス屋に頼んだ方が良いと感じています
が、職人の探し方がわかりません。

そこで下記サイトを次回は使ってみたいと思います。
「くらしのまーけっと」


https://curama.jp/

このサイトなら楽に職人を探せそうです。

おしまい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする