市の主催のキャンプに参加しました。

市の主催のキャンプに参加しました。
市が所有しているキャンプ保養施設でキャンプ体験イベントがありました。
前回キャンプに一緒に行った子供の友人家族と参加しました。

このようなテントを貸してくれ、簡単なキャンプ体験ができます。
最初のイベントは定番の飯盒炊飯で、カレーライス作りです。

子供がかまどにまきをくべて、火を焚きます。
日頃IHの電気なので火を使った調理は初めてです。

野菜のカットを子供に任せました。


後は鍋と飯盒を火にくべて待つだけです。
ご飯を付け分けて食べます。

おいしかったので、2杯は食べていました。
続いてお約束のキャンプファイヤーです。

いつもは歌などを歌うのですが、コロナの影響で目次を短縮して進行していました。
大人にとっては早めに終わるので、ちょうどよかったです。
火を扱うのは子供にとっては新鮮な体験だったようです。


その後9時からテントで就寝しました。
次の朝ですが、なんと6時30分から子供たちがテントの近くで遊び始めました。
子供たち同士が仲良くなり、自然と集まりみんなで遊んでいました。

周りのテントの方はうるさかったでしょうか、子供はお構いなしで遊んでいました。
子供にとっては良い経験だったようです。
おしまい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする