カッパ寿司の株主優待券

子どもの日に優待券でカッパ寿司に行きました。

きっかけっは子供の日

子供の日なので子供にせがまれ行きました。

下の図は様子の動画で、人生初めてのユーチューブの投稿動画です。

かっぱ寿司優待利用

また長女が店内でこのような看板を見つけました。

食べ放題の広告で、小学生の参加費は1,200円です。

長女は食べ盛りなので15皿は食べていますので、十分元が取れそうな状況です。

参加したくてしょうがない様子です。

最近のかっぱ寿司

最近のかっぱ寿司は、コロナの影響でレーンは動いておらず、回るすしではありません。
すべて一皿ずつ注文しなければいけません。

お客は少ないのでコロナの感染は大丈夫そうですが、18時過ぎというのに客足が少ないです。

株主として心配です。

子どもたちは全部で40皿程度食べたようです。

カッパ寿司の株主優待ポイントの入金

​カッパ寿司の優待は、カッパ寿司で使えるカードが配られ、優待ポイントが付きます。

カッパ寿司かアトムで株を所有すると、優待HPサイトでポイントを確認できます。

年間約30,000円/年のカッパ寿司のポイントが入りますが、最初はこんなに食べきれる
かなと思っていました。

しかし娘が小学4年になり食欲が半端ではありません。
はっきり言って、3万円では焼け石に水で、​全然足りません。​

家で、手巻きずしを食べますが、お米は5合を焚いて無くなります。

カッパ寿司なら、15皿から16皿を食べており、一回で家族で5000円程度かかります。
まだ小学2年と幼稚園が控えていますので、数年後は一回の食事で1万円弱はかかるでしょう。

株券が無ければ、我が家は回転すしには行けなかったと感じます。

しかしコロナの影響

外食できることはうれしいのですが、コロナの影響もあり優待券を使えきれなく
なっており、苦しさを覚えてきました。

まさに彼のようです。

上記は優待業界でプリンスであられる桐谷大師匠の雄姿です。

少しだけですが、小生も自転車を漕ぐ桐谷大師匠のお気持ちがわかってきました。

まだまだ大師匠には及びませんが、優待業界で頭角を現わせるように精進していき
たいと思います。

おしまい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする