カーテンレールの交換

自宅のカーテンレールの交換を行いました。

やることが無いので、以前から気になっていた家の補修を行います。

作業前の状態

作業前の写真で、50年前のスチール製のカーテンレールが付いていました。

btr

とても古く、ストッパーが割れており、カーテンが止まらない状況になっています。

新しいカーテンレールです。

btr

btr

最初に建デポに行ったのですが、在庫が一個しかなく、DCMダイキでもう一つ買いました。

これが悲劇の始まりでした。

いつものインパクトと、ドリルドライバーです。

btr

簡単に取り付けできました。

この程度は小生にとって初歩的なレベルになっています。

btr

しかし違う形の製品を付けたため、段差ができています。

btr

btr

小生的にはDIYなので、この程度の品質で良しとしますが、妻から猛反対を受けました。

「毎日使うのものだから、良いものにしてほしい」とのことです。

また写真に撮っていないのですが、カーテンレールに初期不良があり、
フックが壊れていました。

再度DCMダイキに行き、不良品を交換してもらい、新しいものを2個購入しました。

結構な時間が掛かりました。

やはりアパートのDIYと家のDIYはクオリティーが求められるので、難易度が
違うと感じさせられました。

おしまい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする