オークション中古車の状況と差額金で買った株式の状況

2か月前に購入した、オークションでの中古車の状況と、新車を我慢してその差額で
買った株式の状況です。

購入当時の状況

前の自動車の状況は、異音が発生して限界に近づいていたため新しい車を探しました。

(当時は小生の車が走ると、30メートル先の老人が振り返る状況でした。)

当時乗っていた車は、異音以外には不満が無かったので、同じ車を買いました。

大きな違いは、「新車」ではなく「オークション中古車」であることでした。

オークション中古車にした理由は価格で、

新車 :250万円程度

中古車:110万円程度(ただし8万キロで想定寿命の半分が経過している)

差額 :140万円

という状況で、浮いた差額を株式投資に充てていました。

オークション中古車の状況

オークション中古車の写真です。

購入時に積極的に修理を行ってもらっていたので、故障もなく快調で、
何も不満がありません。

購入の段階で直せるところはすべて直していたため、新車に近い状況です。

(値段も110万円と、それなりにかかったという感じですが)

先日キャンプに行きましたが、家族の車の評価は上々でした。

今度の車は20万キロの走行を目指しています。

差額金で買った株式の状況

当時新車を我慢して、差額金約110万円で下記の株式を購入していました。

2か月前は小生も1回目のワクチン接種をしたころで、

ワクチン効果で、巣篭生活が解消され、飲食業などが盛り返す

というシナリオを持っていました。

吉野家HDとワタミ、ティア(葬式屋さん)、広島銀行の優待株を購入しました。

 

現状の株式価値の結果から言いますと、

9.2万円の株価価値の上昇(利益)です。

明細は下記です。

約2か月間で、時価が8%ほど上昇しており、まずは良かったと思います。

但し当初のコンセプトは、「新車の差額金を投資して、無料で車を取得する

だったので、まだ当初の思惑には達していません。

まだ2か月しか経過していませんが、仮に5年所有したとして、現在の株価
で売り抜けたとした場合。

当初投資額 ▲107万円

売却予定額  117万円

配当金予定   15万円(5年分)

優待品予定  15万円(5年分)

差額金合計  +40万円

*税金考慮後の数値です。

となる予定です。

オークション中古車が110万円だったので、

5年間で35%程度回収することになりそうです。

仮に車の予想耐用年数の、10年間乗れれば、何とか車の代金に近づきそうです。

新車を250万円で買っていれば、10年後は価値0円で、250万円の損失。

今回の中古車の選択での10年後の損失額は30万円、と予想されます。

これらを考えると、

「消費財を購入するより、投資に回せ」正解だと

改めて感じられます。

(すでに大成されている方は、上記は当てはまらないと思いますのであしからず)

以後オークション中古車は、故障が予想されますが、うまく付き合って、
20万キロまで乗りたいと思います。

またこの差額金株式投資の状況は定期的にレポート予定です。

おしまい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする