子の大学進学で「家族の隠れた貧困問題」

子供の大学進学で、家庭が貧困になる記事がありました。

(子供のいない家族の方は興味が無いと思いますので、読み飛ばして結構です)

https://news.yahoo.co.jp/byline/konnoharuki/20210922-00252565

子供のいる家族にとっては深刻な問題です

子供のいる家族にとっては深刻な悩みです。

日本の社会問題と言っても良いと思います。

当家も子供が3人おり、教育費用が拙速な課題となっています。

小生もサラリーマンをしていますが、サラリーマンだけの収入で3人の子供の
大学費を賄うことは絶対不可能です。

記事の通り、サラリーマン家庭が子供を大学に行かせると、その家族は
生活保護レベルになると書いてあり、ドキッとしました。

小生も他人事で無いので、頭に思い描いたのが、

小生のアパートにも生活保護の方がいらっしゃるが、小生がそのアパートに入るのか

と思いました。

我が家の資金対策は?

しかし、我が家は教育費のこともあったので、早い段階でいろいろな投資を行っており、
投資資産だけで大学費用は賄えそうです。

小生の様な人は少数派だと思いますので、一般的には会社員の給与だけで生活するのは
不可能なのが、現代日本の社会情勢だと思います。

我が家の資産と教育費負債の状況

小生の状況でいうと、資産は結構あるのですが、子供の大学費用の隠れ負債も結構あるので、
我が家の実資産は普通のサラリーマン家庭と同じ程度だと感じています。

借金のなくなったアパートを一棟売却するか、有価証券をすべて処分すれば大学費用
は賄えますが、そうなると、まだサラリーマンとして働かなければいけません。

ちなみに過去に生保の学資保険をたくさん所有していましたが、これも順次
解約しており、賃貸アパートに形を変えています。

現在学資保険はありません。

(学資保険を解約して、借金と合わせてアパートを購入しています。)

この逆境を糧にして、投資を拡大していきたいものです。

おしまい。

関連記事