困ったことに駐車場希望者の申し込み

先日、土地売却サイトを立ち上げた土地に、駐車場利用希望者が現われました。

しかも2名のようです。(1名はダミーのようですが)

複雑です

しかしこの土地は、ウッドショックが終われば新築アパートを建設をするか、
または高値で土地の売却を希望しています。

アパートの建設を考えると、高値で売却して税金を払った方が現金が残ると思われます。

そこで思い切った高い値段でHPに売りを出します。

それまでの約束になりますが駐車場賃貸をする予定です。

中途半端な契約条件になるので駐車場利用希望者には困ってしまいます。

この地域の特性

この土地の近所にはアパートが結構ある激戦区です。

従い、中途半端なアパートは企画できません。

また新築一戸建てがつぎつぎと乱立しており、戸建需要がとても強い土地です。

土地売却を考えると、性質上販売価格はほぼ市場価格に決まってきます。

税金や定期的な収入を考えると売りたくないのが本音です。

しかし定期的に駐車場の要望があります。

駐車場に小さな看板を出しているだけなのですが、3か月に一度は新たな借り手
希望者から連絡が入ります。

そして駐車場賃料も年々上昇している状況です。

しかし駐車場経営だけでは固定資産税が高くなるので何をしているのか分かりません。

早く建物を建設しないと税金倒れになります。

駐車場としては有望な土地のようですが、アパートは激戦区のため高い建設費を
出すことは出来ません。

それにアパート家賃は年々過当競争に陥っており、期待家賃が入るか疑問が残ります。

困ったものです。

ん?

待てよ?

つづく

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする