将来に種をまく 一株購入

​​一株購入を続けています。

理由は、一株だけ株を買い、長期期間保有し長期割増優待権利を取得する。
その後に単元株(100株)を買うというものです。
優待株式投資では、これが一番資金効率よい投資法だと感じています。
買った株は
 
トリドールホールディングス 1,420円 
三東工業社                         2,440円
ジャパンインベストメントAD 1,330円
共英製鋼                            1,506円
コーア商事ホールディングス   1,433円 
全部合わせても1万円程度です。
配当、優待利回りは  
              配当  長期優待  合計
三東工業社                        1.84% 1.21% 3.05%(クオカード)
ジャパンインベストメントAD 2.41%   2.2%   4.61%(クオカードだけ)
共英製鋼                           3.44% 1.38% 4.82%(クオカード)
トリドールホールディングス 0.45% 4.28% 4.73%(コナーズコーヒー)
コーア商事ホールディングス   1.19% 1.40% 2.59%(クオカード)
*ジャパンインベストメントADは日経新聞電子版の無料購読もあり
(トリドールは、長期優待の効果は無し)
どれも一年以上保有しないとこの利回りに達しません。
約2年間の間に株価が下がった時に買えば、この投資は成功となります。
単元株のメリットは
・長期株主優待の権利を低資金取れる
 資金は権利発生後に支払えばよい形です。
・株価が上がった時に単元株を売却しても権利を持続する。
しかしデメリットを言うと、
1株で長期保有の認定がされるかどうかわかりません。
 これは今までの説明を覆すことになるのですが、銘柄により認定基準が違い
 長期優待期間が到達してみないと良く分からないのが実情です。
 同じ単元株ホルダーのブログを読んでいますが、なかなかこの業界の達人はおらず、
 不明なことが多いのが実情です。
・株価の変動があり損失する可能性がある、手数料が高い
 総額は少ないのですが、それでも変動リスクと、手数料の問題はあります。
 単元株を買えなくて、長期優待に持ち込めない場合は、何をしたのか分からない結果になります。
したがいこの投資法は、はっきりとは分かっていないのが実情で、とりあえず買ってみて、
2年後にわかるという仕組みの物です。
ある程度は失敗することは承知の上です。
しかし将来に種をまくという意味で買い続けたいと思います。
おしまい。​​

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする