配当金と売却益の集計 年度末途中経過

配当金及び株式売却益の集計を行いました。

目的は年末の確定申告に向けて、利益調整に入る必要があるので、現時点での
利益額を確認します。

各口座の利益の状況

各口座の本年度利益確定状況です。

長女の口座:149千円

次女の口座:122千円

三女の口座:  19千円

合計 :290千円

でした。

まだ9月中間決算の配当金が入るので、合計で30万円は超えそうな状況です。

扶養の関係で、一人当たりの所得を30万円以下に抑えなければいけませんが、
現状全員問題なさそうで、まだ利益確定する余裕が十分あることがわかりました。

もし仮に、一人に所得が集中した場合は、30万円を超えて扶養から外れる
可能性がありました。

やはり所得の分散は大切です。

株価が上昇機運なので、年末に向けて積極的に利益確定に入りたいと思います。

株式の総資産の推移状況

株式の総資産の推移状況ですが、下記の状況です。

2020年末  :856万円

2021年9月 :977万円

差額     121万円

成長率 14.1%

の結果です。

日経平均が同期間で10%成長しているので、それより4.1%運用成績
が良いようです。

小生が所有している株は優待株が多いため、自動的に東証一部銘柄が多くなります。

従い日経平均がライバルになりますが、それよりは良い運用成果のようです。

また上記以外に優待品を約3%程度受け取っているので、優待込みの運用成績は

実質 :17.1%

日経平均より+7.1%良かったことになります。

まずまずの結果だと思います。

基本的に小生の株式運用方針は日経平均に関わらず、6%程度を目指しているので
目標達成という感じです。

子供の成長を見るもの楽しみですが、株式口座の成長を見るのも楽しいです。

おしまい。