輪島塗のお盆の売却

再び輪島塗のお盆を売却しました。

これは小生の実家の倉庫に残っている、お盆を売却するものです。

どういった状態なのか

実家には同様のお盆が、かなり大量のお盆が残ってる状況で、少しずつ売却しています。

木箱も付けて売っています。

明治時代のお盆で、140年経過した漆塗りのお盆です。

当方にとってはごみなので、掃除をして商品化すると売れていきます。

今回の売却額 は

8,900円でした。

なぜこのお盆がこんな高値で売れるのかわかりません。

多分、テレビ番組(なんでも鑑定団)の影響ではないかと思います。

もしかしたら、購入者は何か工夫して、転売しているのかもしれません。

また作業は子供にお金の教育も兼ねて、販売を手伝わしています。

商品の掃除や、商品の写真撮り、出荷などです。

そして販売代金の一部をお小遣いとして自由に使わせています。

この自分で商品を販売して、お金を稼ぐという活動は、子供にとって将来必ず
役に立つと考えています。

この活動は実家の掃除の意味もあるので続ける予定です。

おしまい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする