給水栓のホースの改修

給水栓のホースの改修を行いました。
以前から気になっていたのですが、庭の給水栓のホースが古く、水が漏れて水につかっていました。
またホースの置き場が無く、ホースが散らかっていました。

本心は蛇口を高い位置に移動する工事を行うべきでしょうが、めんどくさいので今回は
ホースだけの改修です。
横の壁にこのホースを取り付けます。
このホースはアパートに置き去りにされていた、まだ使えそうなものです。

コンクリートに穴を開けるのはこのドリルドライバーを使います。
これは振動ドリルがついており、強力にコンクリートを破壊しながら穴を開けることができます。

約50年前のお爺さんが使っていた日立の工具ですが、まだまだ現役で使えます。
当時約3万円した高級品です。
簡単に穴が開きました。

下板を取り付けます。

屋根下地用の木材を取り付けます。

屋根劣化防止のため、プラスティックの廃材を取り付けます。
ゴミ箱の蓋でしたが、壊れて使われずに物置に眠っていたものを使用します。

屋根を取り付けておくと劣化の進行がかなり抑えられます。
感覚的には、3倍は長持ちすると感じています。
出来ました。

ホースが取りやすいように取り出す方向を高くしています。

蛇口あたりもスッキリしました。

車の洗車などに使います。
おしまい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする