中小企業倒産防止保険に加入しました

中小企業倒産防止保険に加入しました。

最近FPの勉強をしたので、その経験を活かして説明をしたいと思います。

どんな保険なのか

経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済制度)という保険に加入しました。

これは「中小企業基盤整備機構」がやっている保険です。

趣旨は取引先が倒産した際に、中小企業が連鎖倒産や経営難を防ぐための制度らしいです。

無担保・無保証人で掛金の最高10倍(上限8,000万円)まで借入れでき、掛金は損金
または必要経費に算入できる税制優遇が魅力です。

なぜこの保険に入るのか

大家をやっていると、デットクロスというのがやってきます。

つまり「利益が出すぎる問題」です。

小生もぼちぼちクロスが来ており、利益に悩むことが見込まれています。

この保険は損金が早く来る保険で、法人化して、しっかりされた大家ならほとんど

加入されている保険だと思います。

小生の意見ですが、また利益や規模が小さい方で法人化されていれば、早めに
入ることをお勧めします。

どんな保険なのか

そこで国の保険に加入するわけですが、

ポイントは加入後、解約まで3年間は必要ということです。

従い出来るだけ早めに加入する必要があります。

小生の場合月額保険金は5千円程度ですが、時期を考えて加入を決断しています。

保険の趣旨からしても、仮に将来経営難に陥った時に、保険が助けてくれる政府の
仕組みだそうです。

経営の安定化を考慮しながら大家業を継続したいと思います。

おしまい