大量の有価証券報告書

この時期株式を保有していると、大量に書類がやってきます。

一日で届いた量がこれ。

なぜ大量に届くのか

それは3月決算だからです。

保有株式の半分程度は3月決算です。

そして決算日が決まれば、書類到着日も決まってきます。

二つ目は、優待投資では一人一口所有を優先しているので銘柄数が多いため。

優待条件は一人一口なので、議決権行使書や報告書も別々の封筒に届きます。

写真では有価証券報告書を一社につき1枚だけ写真に写していますが、
まだ3倍程度あり、処分した後の写真です。

従い上記の写真の書類数は

封筒    ×20

議決権行使書×20

案内書   ×20

有価証券報告書×20

シール   ×20

電子投票お願い書類×20

合計    120枚

この大量の書類は、とても自然環境には悪い状況です。

紙の厚さだけで5㎝程度はあります。

内容は少しだけ見て、捨てるだけです。

ルーティンとしては、

1.妻が開封して選別する。

封筒や、ダブっている有価証券報告書は即捨てる。

2.小生が、有価証券報告書を読む。

流し読みですが、できるだけ頭に入れるようにしています。

3.議決権行使書に〇をする。

決算内容が悪いと×をする。

4.配当金があれば、記録エクセルに書き込み、利回りを頭に入れる。

5.ポストに投函する。

投函は時々子供がやってくれる。

と言う流れです。

書類は即捨てても良いのですが、このルーティーンをやっておかないと、
購入時に株の価値がわからないと思い続けています。

時間もあまりかからないのでそこまで苦ではありません。

おしまい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする