銀行の種類と融資の適合

新築の検討の為、メガ都銀の融資打診の資料を作成しています。

そもそも金利体系は
低い順
1 メガバンク・都銀、政府系
 この辺りがトップグループで「審査は厳しい」が「金利は低い」
 という流れになります。
 
2 第一地銀、元気な第二地銀
 金利は1番グループに劣りますが、このグループも魅力的です。
 感覚的には、第一地銀が一番審査が厳しい気がします。
 また審査は柔軟だが、商売的で金利を下げてくれないところもあります。
 また元気な第二地銀の方が、やる気もあるし、金利も良い気がします。
 どれだけ発掘できるかになります。
3 第二地銀、信用金庫
 ここのグループは金利は高めですが、築古などの融資困難案件に良いです。
 気を付けなければいけないのが、金利が高く審査も厳しい銀行があります。
 そこは避けた方が良いと思います。
4 ノンバンクなど
 感覚的には、不動産投資ではよっぽど良い案件が無い限り慎重に考えた方が良いと思います。
 *金利水準次第で4%を超える場合を想定しており、それ以下であればこの限りではありません。
今回は住宅ローンでお世話になった銀行で融資の話をしてみたいと思います。
小生の家は築55年でして、1番目のグループが取り扱わない部類でした。
しかし、担当者と息が合い、融資にこぎつけました。
今回は新築ということで物件側には問題が無いのですが、小生の属性に問題があります。
HPを見ると1番目のグループが対象となる個人属性は、「年収1千万以上」とか書かれています。
とてもそのようなレベルの属性では無いので、この辺りをどの程度評価いただけるかが要点です。
どうなることやら
おしまい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする