【緊急】パナソニックのドアホンがリコール情報 大丈夫?

パナソニックのドアホンからリコール情報が出ました。

2012年頃に発売されたパナソニックのドアホンが、使用中に火災の恐れが
あるとして、リコール情報が出た。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUF016ME0R01C21A2000000/

記事には

室内側に設置されたモニター機器から煙が出たという連絡が4件あり、
一部の部品が劣化して温度が上がり、煙が発生していたことが分かった
ということです。

煙が発生する事故が全国でほかにも21件起きていたということです。

もし小生が所有していたら、所有しているアパートで火災に発展する恐れ
があります。

従いリコール品は交換してもらう必要があります。

他人事ではない

小生も、2014年頃に取り付けたドアホンがあります。

小生が1棟目のドアホンになりますが、先日そのドアホンを取り外して
家の倉庫に置いております。

また同形機のドアホンは

まだ他のアパートで現役使用中です。

もしかして、の可能性がありますので、早速そのドアホンを確認してみました。

btr

型番を見ると、「VL-MV21」と書いてあります。

メーカーのリコール情報を見てみました。

下記がその写真です。

無い!良かった。

小生の持っている機械はMV21ですので、1番違いで違いました。

小生のドアホンは、一世代新しいようです。

番号探しは、まるで逆宝くじの当選確認をしているようでした。

子機も確認します。

btr

子機もVLから始まるので、セーフのようです。

btr

他に所有しているドアホンも確認します。

VL-SV19Kとあります。

これも大丈夫でした。😊

ちなみに小生の三階倉庫を公開

文脈と関係ないのですが、小生がドアホンなどを保存している3階倉庫を公開します。

btrmdn

btrmdn

まだまだ改良工事が必要です。

最後に

今回は小生のアパートに取り付けているドアホンは大丈夫のようでした。

ドアホンが原因でアパート火災に発展するととんでもない災難になるので、
対象でなくて本当に良かったです。

火事は怖いので、細心の注意が必要です。

大家の方にとってドアホンは必須不可欠なアイテムです。

従い今回のリコールは大家にとって「あるある事件」だったと思います。

このブログの読者は大家の方が多いと思いますので、まだ確認されていない
方がおられましたら、週末にでも確認されることをお勧めします。

関連記事

おしまい。


【世界のDIY無垢材・集成材 通販のマルトク】

【空室の店舗や、空き駐車場などのスペースを日貸しレンタルができるサイト】


不動産投資ランキング
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。