【DIY】キッチンレンジフードの塗装 真っ黒へ

先日アパートの空室で取り外したレンジフードを塗装のための清掃を行いました。

キッチンの写真はスーモ広告で一番重要な画像になるため、この
お化粧塗装を重要視しています。

ということで、塗装を行いました。

取り外したレンジフードの清掃

まずレンジフードを清掃します。

水洗いです。

しかし油汚れは全く落ちません。

油汚れは頑固です。

そこでキッチンハイターを大量に噴射して、10分くらい放置しておきます。

時間が経過すると、油汚れが落ちていました。

またキッチン扉の取っ手部分ですが、塗装がはがれかけていました。

ここはシンナーを付けて全部取ります。

しかしあまり剥がれないので、やすり掛けです。

レンジフードの塗装の様子

清掃したレンジフードの塗装を行います。

まず、塗料が飛散しても困らない場所で行います。

btr

今回はスプレータイプの塗料を使うことにしました。


余っていたスプレー塗料2本と、一本追加購入しました。

表面は結構だまが出来ています。

btr

側面はうまくできました。

btr

取っ手も塗ります。

スプレー缶の感想 メリットとデメリット

使用した感想は、スプレー缶は非常に施工が楽ということです。

表面の掃除をして、スプレーするだけなので手間が一工程少ない感じで、大きな
メリットだと思います。

しかし値段は高い気がします

デメリットですが、コストで考えると、レンジフードを塗るのに2本は掛かります。

1,600円=一本800円×2本

一回塗るのに1,600円ではもったいない感じがします。

塗料缶で買った場合、半値以下と思われます。

確かには毛などは使い捨てになると考えても、水性塗料の塗りの方がコスパが
良いと思います。

塗料の使用量により判断が分かれますが、レンジフードレベルだと塗料缶の方が
良いと感じます。

出来上がりについては、スプレー缶の方がきれいに仕上がると感じました。
コツは、薄く塗ることと、塗装のアイドルタイムが重要です。

2度の目の塗装とアイドルタイム

今まで勘違いしていたのですが、アイドルタイムは3時間程度で良いと考えていました。

しかしプロの塗装を見ると、時間は一日(24時間)空けなければいけないと書いていました。

3時間程度だと、表面は乾いていますが、内側が乾いていないため、塊になってしまいます。

今回はそれに従いましたので、うまく塗装面が出来ました。

出来上がりの印象は?

出来上がりの印象ですが、良い感じに仕上がりました。

かなり「だま」ができたのですが、結局真っ黒なのであまり気になりません。

レンジフードは黒色に塗ると、素人DIYでも問題ない箇所です。

コツはできるだけ時間と手間をかけないことだと感じました。

まとめ

次回からは、下記で行おうと思います。

・塗料は水性の缶タイプ

 以後もレンジフードはすべて黒色に決まっているので、大き目の
 缶を買っておこうと思います。

一回購入すると、ずっと使えると思います。

・塗装は二度塗りで、2日に分けて塗る。

・なるべく作業時間をかけない。

塗料に関してはやはり素人には、水性塗料の方が簡単で良いです。

そして、スプレー缶は簡単は塗装で使用して、薄塗りで行って
いこうと思います。

以後の手間が最小化したDIYリフォームを目指していきたいと思います。

関連記事

おしまい。


【世界のDIY無垢材・集成材 通販のマルトク】

【空室の店舗や、空き駐車場などのスペースを日貸しレンタルができるサイト】


不動産投資ランキング
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。