娘の運動会と地域の運動会

娘の運動会に参加しました。

話題は午後からの地域の運動会の1600ⅿ競争での出来事です。
小生は最近引っ越してきたばかりでこの地域の大会は初めてでした。
地域の運動会はこの市特有で、パン食い競争や、子供のお菓子取りなどエンタメ方向のゆるい
競技が主です。
その中で1600ⅿ競争が始まりました。
選手が集まりスタートしたのですが、陸上競技会のように本格的に走り出しました。
というか、すごいスピードで、かなりレベルの高い競技会の雰囲気で普通に驚きました。
トラックを2周して、校庭の周りを2周して走ってくるという、普通のレベルの高い長距離走です。
他の競技とは異質で本格的なので不思議に感じました。
3位の人ですが、かなり速いスピードでトラックに帰ってきました。
そして大会運営本部の元お姉さま方に人に手を振って黄色い声援を浴びてゴールしていました。
その人をよく見ると、小学校・中学校で良く知っている旧友でした。
その姿を見ると開いた口がふさがらない思いをしました。
その人は陸上国体に出ていたほどの人です。
後でわかったのですが、地域の運動会の大会本部を運営していたようで、
自分で競技を設定して、自分で走ったなとすぐ分かりました。
2点思ったのが、
自分がそこまで地域の活動に積極的に運営、参加できなので、頭が下がると感じました。
本音、会社の仕事でもそこまで積極的にはできない気がします。
また小生は最近、早歩きすらしんどいほど体力が落ちています。
運動会で入場門から指定の場所まで走るのが、ついていけない思いをしました。
その旧友には事務局運営で忙しそうだったので挨拶ができませんでしたが、今度会ったときに
お話をしたいです。
おしまい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする