建デポについて 会員になるためには【価格比較など】

建材屋さんについてですが、建デポというのが近くにあります。

職人専門の店で、最近はそこばかりを使っています。

職人や業者専門の店で、リフォーム用の資材が集中して販売されている感じです。

今まではホームセンターで間に合っていましたが、ホームセンターでは物足りず、価格も高いと感じています。

建デポ 会員になるには 会員カードの発行

建物の入口に、「一般の方にはお売りできません」と掲示がありますが、それほど気に
する必要はありません。

受付の人に話して、会員証の手続きをすれば、会員カードをもらえます。

法人でなければだめではなく、名刺や証明書が無くても、「自営業で使用します。」
といえば普通に入会できます。

入会のハードルは低いです。

商品の一例では

・温水便座
 いつも買うのは基本機能だけの日本メーカー製で一番安価なものです。


LIXIL リクシル シャワートイレ 温水洗浄便座 CW-RG10/BN8 オフホワイト【送料無料】

ホームセンター:最低でも2万3千円
建デポ    :1万6千円
インターネット:1万7千円

リクシルのブランドは安いようです。

*インターネットでもう少し調べると、1万5千円の店を発見しました。
 やはり、電気製品で1万円を超えると、値段ではインターネットの方が有利のようです。


あす楽 オフホワイト 安心の日本製です リクシル イナックス LIXIL INAX 温水洗浄便座 便座 温水便座 シャワートイレシートタイプ Bシリーズ CW-D11/BN8 オフホワイト CW-D11 BN8

・パナソニックコンセントプレートコスモワイド一枚の場合の比較

 ホームセンター:108円

 建デポ    :78円(箱買いの場合)

 インターネット:送料が入り、話にならない

プレートでは建デポの方が断然お徳のようです。

失敗例 メリットとデメリット

下記は建デポで買ったが失敗例です。

・ドアホン

*建デポで買いましたが失敗でした。
 ホームセンター:1万2千円
 建デポ    :1万2千円
 インターネット:9千円​

 小型製品なので、ネット通販の方が良いです。

5,000円以下の小物資材や工具類、建具などは、ネット通販では送料分だけ高くなります。

しかし、入手までに時間がかかるデメリットがあります。

建デポのメリットは、

値段も良く、品ぞろえも良い
家から近いのですぐに入手できることです。

ホームセンターは、少し高いがインターネットよりは素早く手に入る。
内装の専門品は置いていないが、消臭剤や、蛍光灯なと汎用品は強い。
という感じです。

それぞれの使い道が重要ですね。

建デポのまとめ

DIY大家にとっては強い味方だと思います。

また興味深いのが建デポのクレジットカードがあり、建デポでの割引があるようです
ので、DIY系の大家であれば、このカードをメインにしても良いかもしれません。

見るだけでもホムセンより面白いのでお勧めです。

おしまい。

【世界のDIY無垢材・集成材 通販のマルトク】

【空室リフォーム工事を一括見積できるサイト】

【空室の店舗や、空き駐車場などのスペースを日貸しレンタルができるサイト】



不動産投資ランキング
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。