不都合な緊急着信

先日小生の携帯電話に、登録していない番号の着信がありました。

未登録の電話番号からの着信は基本的に出ないのですが、かかってきた番号に驚きました。

その番号は

市外局番 ー ???? ー 0110

番号を見た瞬間、ぞっとしました。

小生にとって何か都合の悪いことが起きたことが想像されました。

すぐにインターネットでこの番号の主が誰なのかを検索しました。

やはり番号の主は地元の警〇本部からでした。

いてもたってもいられず、すぐにかけ直しました。

何が起きたのか。アパートで犯罪が起きたのか、単純に交通違反の連絡か、それとも

火事でも起きたのか。

電話をかけなおしたところ、電話交換窓口につながり話したところ、どこの部署
からか分からないと言われました。

「何か心当たりはありますか?」

と言われましたが、あるわけがありません。

しばらくするとコンピュータ登録されるというので待っていると、それがどこからか

分かりました。

電話を掛けた主は「刑事課」からでした。

聞いた瞬間、悪い予感が的中して頭が真っ白になりました。

とあります。

映画やドラマで出てくるいわゆる「デカ」です。

そして電話を取り次いでもらい、話を聞きました。

内容は、

 :駐車場の看板に書いてあった電話番号に電話していますが、あなたが所有者ですか?

 :どこの看板のことでしょうか。

 :○○○町の駐車場です。

(小生の駐車場のことだとわかりました。)

 :その通り小生の所有です。

 :捜査の関係でそこからが一番見えやすいい場所なので、車両を置かせてほしい。

 :どうぞ(瞬間的に回答)

 :そこが一番近い場所なので。いつもというわけでは無いのですが、1ヶ月程度です。

 :構いませんが、貸出駐車場の区枠以外の場所であれば問題ありません。

`

自分に関係の無い事件だと把握でき、ほっとました。

心臓が止まるかと思いました。

最後に駐車場の使用が終わったらその旨電話しても良いかと聞かれましたが、

急いでお断りました。

なぜならまたこのような電話が再びかかるとビビってしまうからで、迷惑も
甚だしいためです。

そして電話をお切りして、終わりました。

その日の夕方にそのことを妻に伝えると、

「何で無料で貸したの、賃貸料を請求するべきだ」と真剣に反論されました。

警〇に嫌悪感を持っているようで、一般的にはそれも普通なのかもしれません。

小生の残りの人生の目標として、警〇のお世話にならないという目標があります。

警〇は大切で重要なお仕事であると敬意を払いますが、小生は一生関わらないで生きて
ければと思っています。

おしまい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする