再度夏草の処理 【雑草帝国との戦闘の結果】

駐車場土地の夏草の処分を行いました。

(下記は除草剤散布のイメージ図)

どのような状況だったのか

3か月前にこの駐車場に行ったときは、腰当たりの草が生えていましたが、
除草剤を散布して帰っていました。

3か月後にどういう状態になったのかの、効果の確認の意味も込めて行ってみました。

結果から言うと、全然良い状況で、やはり除草剤の効果は十分あるという状況です。

btr

上記写真では、除草剤を散布した箇所で、夏草がほとんど枯れております。

きれいな状況を保てております。

メリットとデメリット

大きなメリットは、

やはり、除草剤を撒くと効果が大きく現れます。

特に、強敵だった、アスファルトの割れ目に生える草に対して有効で、枯れてました。

アスファルトの割れ目に生える雑草は、抜くのに一苦労ですが、枯らすと手間が
かかりません。

反面デメリットは、

除草剤を使うことに対しての不安ですが、人が住んでいない駐車場ですので、
問題はありません。

おすすめ雑草対策アイテム サンフーロンと工進の噴霧器

3か月前の除草で使ったいつものレギュラー道具となっています。

除草剤のサンフーロン

2L程度を購入しましたが、3年間は余裕で持ちそうです。

コスパが良いです。


工進の電池式噴霧器

5Lタイプがお勧めです。

それ以下の容量はすぐになくなるのでやめた方が良いです。


今後の除草作業の年間スケジュールはどうするのか

小生が考える、労力が最低限で済むベストな年間スケジュールは、

3月頃:春先に草刈り除草を実施する。

    新芽を枯らす意味があります。

7月頃:梅雨明けにいったん草刈り&除草剤散布を行う。

    夏草が大きく成長する前に退治する意味があります。

10月後半:夏が終わった頃、再度草刈り&除草。

    冬の前に再度草を枯らせておきます。

冬の期間は草が生えにくいので、春まで何もしないでも大丈夫です。

上記のように、最小の手間で、最高の効果を目指して自主管理を行いたいと思います。

関連記事

おしまい。

【空室の店舗や、空き駐車場などのスペースを日貸しレンタルができるサイト】

【空室リフォーム工事を一括見積できるサイト】

スポンサーリンク

フォローする