不都合な緊急着信の結末

今年の5月頃、小生の携帯に警〇から着信がありました。

その経緯と結末について記載します。

5月の経緯

オリジナルの記事は下記ですが、ご存じの方は次の章まで読み飛ばしてください。

*下記はリンク先の要約版です。

事の始まりは、小生の携帯電話に、登録していない番号の着信がありました。

かかってきた番号に驚きました。

その番号は

市外局番 ー ???? ー 0110

番号を見た瞬間、ぞっとした。

その通知は小生にとって、

何か都合の悪いことが起きた

ことが想像されました。

やはりその番号の主は地元の警〇本部からでした。

何が起きたのか。アパート物件で犯罪が起きたのか、単純に交通違反の連絡か、それとも、

電話をかけなおしたところ、電話を掛けた主は「刑事課」からでした。

それを聞いた瞬間、

悪い予感が的中して頭が真っ白になりました。

とあります。

映画やドラマで出てくるいわゆる「デカ」です。

刑事課の人の聞いたところ、内容はやはり小生所有物件について話しだしました。

以下電話の会話。

 :駐車場の看板に書いてあった電話番号に電話していますが、あなたが所有者ですか?

 :その通りです。私が所有者です。

 :あなたの土地からが一番見えやすいい場所なので、捜査の関係で車両を
   置かせてほしい。

 :(瞬間的に回答)どうぞご自由に

 :そこが一番近い場所なので。

   いつもというわけでは無いのですが、1ヶ月程度です。

 :構いませんが、一般の方に駐車場を貸し出しているので、区枠以外の場所で
   あれば問題ありません。

とっさに、自分に関係の無い事件だと把握でき、ほっとました。

刑事課の人は最後に、駐車場の使用が終わったらその旨電話しても良いかと聞かれましたが、

警〇より電話がかかってくるとビビってしまうので、急いでお断りました。

そして電話をお切りして、終わりました。

したがい、話の結末は小生には知る由もなく現在に至りました。

なぜその後の経緯がわかったのか

先日その物件の掃除に行った際に、近所のおばあさんから話しかけられて、本件の
顛末を教えていただきました。

おばあさんは、ご親切にも小生の土地を管理していただき、不法駐車を取り締まって
いただいています。

お願いしたわけではないのですが、なぜか不法駐車の取り締まりを勝手にやってくれて
います。

おばあさんには全く悪意は無いのですが、少しおせっかいなところがあります。

(おばあさんには感謝していますので、誤解のないように)

警〇の捜査

警〇は、小生の土地の一角から、近くのアパートの一室を監視していました。

私服の警〇が、覆面パトカーで小生の土地に車を停めて、監視していたようで、
いわゆる張り込み捜査をしていたそうです。

下記は覆面パトカーから監視していた場所からの写真です。

張り込みをしている警〇へ、例の近所のおばあさんがやってきて、

「あなたはこの土地の持ち主ではありません。不法駐車ですよ」

と張り込み中の私服の警〇に向かって話しかけたそうです。

警〇は証明書を取り出して、

「私はこういうものです。」

と出されたようです。

まるで刑事ドラマのワンシーンのようです。

警〇は、「土地の所有者にも駐車許可は話している」と言われたそうで、その場は
治まりました。

それから3日間ほど、警〇は同じ場所で張り込みをしたそうです。

毎日違う車両でやって来て、張り込みを続けたそうです。

そして4日目に、無事御用となったようです。

最終日には警〇の車両が3台小生の土地に止まって、何かしていたそうです。

多分

「何時何分、容疑者逮捕」

の名言が聞けたのかもしれません。

いったい、何の容疑だったのか

その次の日のニュースと新聞に、その記事が載っていたそうです。

内容は、

昨年11月頃、容疑者はインターネットでバイクを販売したが、代金を受け取ったが
バイクを引き渡さなかったという、詐欺の容疑。

だったそうです。

最近ではよくある話ですね。

そのおばあさんは、「最近怖い話が多いから」と不安そうでした。

不動産投資をしていると、このような事件に絡まれることは多くなるのですが、
直接トラブルに巻き込まれずにホッとしました。

少しおせっかいな近所のおばあさんと、治安を守ってくれている警〇には感謝です。

関連記事

おしまい。

【空室の店舗や、空き駐車場などのスペースを日貸しレンタルができるサイト】

【空室リフォーム工事を一括見積できるサイト】