オークションの車の到着

オークション落札車が、整備工場に来ました。

使用中の車の状況

小生の自動車が限界に近づいており、かなり音がうるさい状況です。

最近は小生の車が走ると、30メートル先の老人が振り返るようになりました。

長女とドライブしていると、だいたいの人が振り返るので、楽しみながら走っています。

トランスミッションの故障なので、走行中に壊れても前に進めないだけなのでそこまで
困りません。

しかし音がストレスを感じており、限界を感じています。

どんな古いボロボロな車でもうらやましくてたまりません。

「あの車は音が鳴らないんだろうな」

と思いながら運転しています。

オークション落札車の状況

オークションで落札した車が整備工場まで届きました。

しかし見た目は結構ボロボロで、今の車の方が新しい感じです。

板金がかなり必要な状況です。

(写真撮っていませんでした。)

オークションの評点は、4(程度が良い)で購入しました。

5段階評価で、5が一番良い評価ですが、

「4でこの程度か」

という感じです。

小生の基準では下記だと思います。

5:一般の人が考える中古車

4:修理しないと恥ずかしくて乗れない

以下は、購入していないので不明ですが、

3:修理すれば乗れる、ギリギリレベル

2:修理しても、ボロボロ。それでも割り切れる人のための車

1:部品取り用の車

どんな傷なのか

10円玉でひっかいたような傷が、車の後ろ部分全体にあったり、ピストルで撃たれた
ような傷が数か所ありました。

車屋さんに言わせると、前のオーナーはいたずら被害に会い、傘でつつかれたとのことです。

ちなみに板金代金は20万円程度です。

現在小生が乗っている車は10年が経過していますが、見た目は現在使用している
車の方が良いです。

幸いエンジン系統は良いようで、整備はしっかりされていたようでした。

今回の教訓は、業者オークションは、「修理してから使用する
のが前提ということです。

幸い板金箇所が多い関係で、車の約半分程度を塗装をするので、
綺麗になるのではないかと思います。

新しくなることを期待します。

おしまい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする