竹林伐採 DAY1

竹林伐採を行いました。

あまりに量が多いため、長編になることが確定しています。

今回の敵は実家の裏山です。

対応前の状況です。

btr

5時間かけて竹を100本ほど伐採した後の写真です。

この写真を三女に見せると、

何ももかわっていないじゃん

と言われました。結構ショックでした。

作業を行う背景

実家の裏山は、約40年間手を入れておらず、竹や木が生い茂り、葉っぱが落ち放題の
状況が続ています。

参考写真

btr

btr

これを内側から入り、木をせん滅する作戦です。

使った工具

マキタの10.8Vの1.5Ah JR104DZレシプロソーを使用しました。


これよりパワフルな工具はあるのですが、自分の体力を考えて、小型の工具を選びました。

大型の工具場合、パワーはあるのですが、重く疲れてしまい、結局使い勝手では
小型で軽い工具の方が軍配が上がります。

小さい工具であれば、子供の使えるので、アイドリング時間も減ります。

使用前の写真です。

btr

それだけではなく、強力な枝切りばさみも使います。

btr

処理前の竹林の状況です。

btr

一時間程度かけて進入路を作りました。

btr

竹を30本程度切った感じです。

小学6年生の長女も手伝います。

できた道を伝って、本丸の家の塀部分に4時間かけて達しました。

それまでに合計で100本は竹を切りました。

最後に

竹に除草剤を入れて帰りました。

幹にインパクトドライバーで穴をあけて、例の除草剤を入れて帰りました。

サンフローンを原液に近い状態の液を、竹の根元に入れておきました。

竹は根っこがつながっているので、周辺の竹がせん滅されることを期待しています。

2週間程度で効果が出るそうなので、次来る時が楽しみです。

今日の作業を終えて

100本程度の伐採では、何も変わっていない状況です。

3人で、4時間かけてこの程度なので先が思いやられます。

結局今日は道を作ったのと、除草剤を入れた程度です。

次回は十分な戦力(人手)を確保し、作戦をよく考えて立ち向かいたいと思います。

人手は大人の人数を増やし、武器は電気工具でチェーンソーなどを
持ち込みたいと思います。

おしまい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする