トイレのスイッチ交換

トイレのスイッチの交換をしました。
休み期間中だったので、前から気になっていたトイレのスイッチの交換をしました。
何が気になっていたかというと、スイッチに「トイレ」の記載が無いことです。
またパイロットランプが無いので、電気がつけっぱなしかどうか、わからなかったことです。
交換前

交換後
トイレの表示と、ランプが付きました。

なぜこんな細かい作業にこだわるかというと、子供がいるからです。
いつもはこんな表示は私は見ていませんし、目が悪くなっているので見えていません。
しかし子供は小さい変化まで見えています。
こんな文字も見て、単語を覚えてほしいと思います。
子供の反響についてはとても大きいものでした。
最初「お手洗い」の表示を付けていたのですが、長女曰く「トイレはお手洗いではない」
と猛抗議を受けました。
多分現代の表示は、お手洗いというのは少なく、ほとんどトイレなのだと思います。
時代に合わせてトイレの表示に変更しました。
(読まれている方も、お手洗いの単語を使うと年代がわかってしまうようですので、気を付けましょう)
ちなみにランプの種類ですが、電気を付けたことがわかるランプ(パイロットスイッチ)
ではなく、暗い場所でも分かるスイッチ(蛍スイッチ)にしました。
理由はパイロットスイッチは値段が高く1,000円程度します。(蛍は300円程度)
このためだけにこの値段は高いと思い、躊躇してしまいました。
また工事中に工事業者の不良工事を見つけました。
露出電線です。

これはショートを起こした場合、火事の原因になるもので、電気工事士としてはあり得ない
工事です。
すぐに絶縁テープを貼り付け修理完了です。

この手の工事不備は個人的に大変嫌いです。
使われてない電線がなぜここにあるのかについてですが、数回リフォームをしている建物なので
この配線が使われていないことに気づかずに、最後の業者がそのまま施工したのだと思います。
しかしこの露出電線はいけません。
見つけて良かったです。
終わり。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする