入居者のクレームの対応 温水便座取り換えと網戸の補修

入居時の初期クレームにより、部屋の温水便座取り換えと網戸の補修を行いました。

先日管理会社様から連絡があり、先月入居された居住者の方からのクレームで
「温水便座取り換え」と「網戸の補修」を行いました。

作業前の状態

作業前の網戸の写真です。

小さな穴ですが、リフォーム時に気づきませんでした。

(管理会社も気づかず、何で気が付かなかったのか不思議です。)

網戸は大家負担なので仕方ないでしょう。

温水便座に関しては、これは入居前から気になっていたのですが、便座に傷があり、
色を塗ってごまかしていました。

(便座にタバコを押し当てたような感じ)

毎日見る場所なので気になったのでしょう。

温水便座は取り替えなくても良いとの話でしたが、どうせ網戸の張り替えに
入るのだから、手間は同じなので取り替えることにしました。

網戸を取り外し、駐輪場に持って行きました。

btr

これから取り替えようと思ったときにトラブル発生です。

網戸の枠押さえゴムが太いゴムだったので、在庫を持ち合わせていませんでした。

通常使う分材料は持って来ていたのですが、このアパートはセキス〇なので、
しっかりしているのでしょう。

下の写真は、右側が取り付けてあったゴムで、左が小生保有のゴムです。

btr

4.5mmでは足りずに、5.5mmを急いでホームセンターに買いに行きます。

取り付けですが、網戸の交換は何十回も行ったので慣れたものです。

btr

ゴムのサイズがしっかりはまっているので、施工不良のクレームの問題なしです。

btr

少し端っこの網戸の切り方が素人です。

そして取り付けです。

btr

問題なしです。

次に温水トイレです。

いつもの空室リフォームは自分一人でのんびり行っていますが、今回は居住者が隣に
いるので、失敗は許されません。

こちらも何度も行った作業なので、特にスムーズに取り付けれます。

古い便座取り外しです。

新しい便座です。

しかし便器自体が小さいサイズだったため、前側が少し狭い状態になっていました。

後ろ側は目いっぱいなのでどうしようもありません。

この点は居住者に説明して終わりました。

だいたい2時間程度の作業で終了でした。

クレームの合った温水便座の状況

後日談ですが、クレームのあった便座の傷を見ました。

やはり写真ではわからない程度の傷でした。

btr

btr

アクリル絵の具を塗ってごまかしていましたが、試しにやすりで削ってみました。

そうしたところ、ほとんど気にならない程度になりました。

下の写真は削った後です。

btr

結果的にはやる必要のない工事を行ったことになります。

この便座はいざこざが絶えなかった前の居住者が残したもので、きっぱり縁を
切る為にも、もったいないのですが捨てることにします。

今回の反省点としては、空室時にクレームに繋がる箇所は徹底的につぶすことです。

入居後のクレームでは手間が取られますので、凡ミスを減らしたいと思います。

良い教訓になりました。

おしまい。