満室連続記録の更新と空室の発生

現在満室の連続記録を更新しています。

2021年5月頃から満室になり、現在まで100%満室の成績でした。

満室はとても良いことですが、最近のこのブログは不動産ブログと思えない
ほど、不動産管理の記事がありませんでした。

理由は、「満室であること」「新規物件を購入していないこと」が要因でした。

そしてついに

そして先日ついに空室が発生しました。

現在規模を拡大したため、いつも完全満室は不可能であることは認識して
おります。

しかし、やはり空室はショックですね。

最近はラインで空室の連絡が来るのですが、「11月末に退去予定」との
内容でした。

退去予定の人は、一年足らずしか入居されていませんでしたが、この度新居を
建てられるそうで栄転のようです。

今後、空室対策を練りたいと思います。

空室対策で対応した事項は

早速、入居条件を決めました。

退去予定日が11月末なので、3月の入居繁忙期にちょうど良い時期になります。

前の条件は入居を焦り少し妥協した内容だったので、家賃を1千円あげる家賃設定
としました。

そして管理会社様に退去後の入居条件をお伝えしました。

リフォームはどうなるか

退去後のリフォームに関しては、一年前にリフォームした部屋なので、ほとんど
行うところは無いと思われます。

しいて言うなら下記のキッチン図で、

下記を行う予定です。

・キッチンフードの塗装

 今度は黒色に塗装する予定です。

・キッチンにリメイクシートを張る予定。

そして写真のような、満室セットを設置する予定です。

(ステージングのことです。)

今後の準備

空室の状況を見ないと、具体的な作業がわかりませんが、できる準備は行いたいと思います。

また入居促進につながる、下記手法も考えていきたいと思います。

・ロフト

ファミリー向けなので、倉庫利用として。

・インターネットの対応

などで、あくまでDIYでコストがかからないことが前提です。

多分このブログが不動産ブログに戻ることは、良いことかもしれませんが、

やはり空室は焦りますね。

また満室記録は6か月間だったことになります。

空室になって感じるのが、

満室期間中はぶったるんでいるが、最高の時間だった

と感じます。

いち早く、満室太郎に戻りたいと思います。

関連記事

おしまい。

【空室の店舗や、空き駐車場などのスペースを日貸しレンタルができるサイト】

【空室リフォーム工事を一括見積できるサイト】