【DIY】初めての風呂鏡の交換

空室の古びた風呂のミラーの交換を行いました。

変更前の写真です。

btr

周りが黒ずみ、くたびれた感じの鏡になっております。

築36年なので、今までに一回も交換されていなかったと思われます。

初めての鏡のDIY交換

小生はいままで、鏡は交換ができないと思い込んでいましたが、ユーチューブで調べると

割と簡単に交換できることを発見しました。

そこで、今回初めて鏡の交換に挑戦します。

取り外しは、最初に下の写真のようにフックを外します。

古い鏡が外れた図です。

btr

枠の跡がはっきり残ります。

下記は今回届いた新しい鏡です。

btr

結果から言うとサイズはピッタリでした。

取り付け後の写真です。

意外に簡単に取り付けれました。

出来栄えも上出来です。

お勧めの風呂の鏡(既製品)

今回注文した鏡です。


アパートの鏡は規格品なので、このサイズがぴったりはまりました。

値段も送料込みで4、600円程度ですので、交換しない手はないと思います。

取り付け前の状況(印象は?メリットとデメリット)

メリットは思ったより簡単に作業ができました。

素人でも20分程度あればできることがわかりました。

デメリットに関しては、ボロボロの鏡を補修しない選択肢は無いので
特に見当たりません。

強いて言うなら、より高いコストパフォーマンスを求めるなら、交換しない
選択肢はあると思います。

仮に、プロの職人に鏡の交換作業を頼むと費用は、

3万円/1枚

だそうです。

上記を考えると古い鏡は順次DIYで交換することが良いと考えます。

まとめ

鏡の交換DIYは作業が簡単で比較的コストもかからない、コスパの高い
リフォームだと思います。

今まで交換の方法を知らずにいましたが、なんてことが無かったです。

古いアパートを所有する限り避けては通れないリフォームの一つです。

関連記事

おしまい。


【世界のDIY無垢材・集成材 通販のマルトク】

【空室の店舗や、空き駐車場などのスペースを日貸しレンタルができるサイト】


不動産投資ランキング
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。